鯛車、復活。

新潟市西蒲区の巻地区に江戸末期から伝わる郷土玩具「鯛車」。その由来は不明だが、お盆になると鯛車にロウソクを灯して、子どもたちが町内を引いて歩いた。鯛の赤とウロコがロウソクの灯りで美しく揺れる。それは、やがて収穫の秋に入ろうとする晩夏の風物詩であった。